三菱東京UFJ銀行のウィルス対策ソフトをインストールしてみました

ここ最近、三菱東京UFJ銀行のホームページを開くと

な感じのオドロオドロしいページが出てきます。目立たせているのは理解できるのですが、やり過ぎで乗っとり被害にでもあっているんじゃないかとちょっと心配してしまうレベルです^^;

「フィッシングやウィルスによる情報抜き取りの被害が多いからなぁ」と、今まであまりちゃんと読んでいなかったのですが(^^;)、よくよく読んでみると、無料のウィルス対策ソフトを提供していると書いてあるではないですか。

ウィルス対策ソフト Rapport(ラポート)をインストール

三菱東京UFJ銀行の提供する対策ソフトの案内ページによると、Trusteer社が提供するインターネットバンキングを狙ったウィルスに特化していて、一般のウィルス対策ソフトとの併用が推奨されています。

これはインストールしておくと安心度が上がります!

案内されるまま、Trusteer社のサイトからRapportをダウンロードし、インストール!特に迷うような選択もなく、しばらく待っていると勝手にインストールが完了して、ブラウザを使った通信確認まで行われますので、「ぼ~っ」と待っていればOKです。

Rapportが動いている状態で、三菱東京UFJ銀行などの対応しているサイトを開くとアドレスバーの右側に

のように緑色のマークが出て(非対応のサイトでは灰色になります)、PCに感染したウィルスが悪さをしようとした時にブロックしてくれるようです。試しに、スクリーンキャプチャのソフトを使ってみたところ、ちゃんとブロックしてくれました。

対応している銀行

Rapportは、三菱東京UFJ銀行だけでなく、世界各国の銀行400サイトに対応しているので、どんなインターネットバンキングでも対応しているのかな?と思ったのですが、よくよく調べてみると、すが、日本で他に対応しているのは、北九州銀行もみじ銀行山口銀行だけのようです。

これらの銀行でインターネットバンキングを使う方は、安全な取り引きのためにも、是非、インストールしましょう!