読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pocket Wifi 305ZTで回線を手動選択する方法

Pocket Wifi 305ZTは、Y!モバイル回線とソフトバンク回線を使えて便利なのですが、回線を自動選択しかできません。ですが、速度制限や電波の状況によっては、手動で回線を切り替えたい場合もあります。ちょっとした工夫でこの問題を解決できる方法を考えたので、記録しておこうと思います。

2つのAPN設定を同じものに

一言で説明すると

305ZTにある2つのAPN設定を同じものにすればその回線に接続する!!

です。分かってしまえば簡単なことですけどね^^;

具体的には、Y!mobile APN設定のところにY!mobile A APN設定の内容を設定すれば、どちらもY!mobile A APN設定となり、強制的にY!モバイル回線に接続させることができます。

これだけで意味の通じる方は、きっと305ZTのSIMロックを解除してMVNOで使っている方ではないでしょうか(^^) ただ、305ZTのAPN設定は、端末にあらかじめ設定されており、通常はユーザーが確認することも変更することも必要ありませんので、設定の確認もできないようになっていますので、そこでも一工夫が必要になります。

APN設定の確認

というわけで、まずはY!モバイル回線のAPN設定を確認します。

linka.jp

を参考に確認をしてみてください。

  • APN - em.ds
  • 認証 - PAP
  • ユーザー名 - em
  • パスワード - xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx (長い英数字)

という感じになっていると思います。

Y!mobile APN設定に、Y!mobile A APN設定のAPNを設定する

Y!mobile APN設定の追加ボタンを押してプロファイルを作成します。

上記で確認したY!モバイル回線のAPNを入力したら適用を押します。これでプロファイルが作成されます。


「デフォルトとして設定」で切り替え

これで準備が整ったので、いよいよ手動での回線切り替えです。作成したプロファイルをドロップダウンリストから選択し、「デフォルトとして設定」することで、どちらもY!mobile A APNとなり、強制的にY!モバイル回線に接続するようになります。

感想・注意点など

自宅で試したところ、ソフトバンク回線はLTEで、Y!モバイル回線は3Gで接続されるようで、自動選択にしておくとLTEで接続します。この時、LTEから3Gに切り替えると、電波をつかむまでに2-3分「圏外」表示になり、一度3Gに切り替わると、自動選択に戻しても3Gのままになります。そこからLTEに回復する為には、一度端末を再起動する必要がありました。

このような動きなので、切り替えの機動性はそれほど高くありません。ですので、ちょっと電波を切り替えたいという時には使いづらく、特定の場所で回線を決めて接続をしたいという場面で使うと良いように感じました。