Pocket WiFi 305ZTで低速化状態から抜け出せなくなる問題 【解決】

ZTE Y!mobile Pocket WiFi 305ZT ラピスブラック
Pocket WiFi 305ZT(以下、305ZT)で低速化状態から抜け出せなくなり、サポートの方のお世話になりました^^;
他の305ZTユーザーの方への注意喚起の意味も含めて、記録しておきます。

低速化状態から抜け出せなくなる

Y!mobileと契約しているプランにもよりますが、月間データ量の制限を超えると通信速度が低速化されますが、500円支払うと(PocketWiFiプラン+では無料)通常速度に戻すことができます。ところが、ある特定の条件では、通常速度に戻す手続きをしてY!mobileのシステム上は通常速度に戻っているにも関わらず、端末ではそれを関知せず低速化状態を続けるということが起こり、低速化状態から抜け出せなくなります。

こんな感じで、My Y!mobileのサイトでは通常速度なのですが、端末では赤い矢印になっていて、低速化状態になっています。

通常速度に戻す手続きは、1. 端末本体での操作、2. My Y!mobileのサイトから、3. 電話での自動応答の3つの手段がありますが、この状態になると、どの手続でも、制限を解除することができません。

通常速度に戻すには、システムリセット

この状態から抜け出すには、ハードリセットをして、工場出荷状態に戻します。


電源の入った状態で、先の細いもの、爪楊枝などを使い、RESET用のボタンを3秒以上押し続けます。Y!mobileの説明は、次のような感じです。

faq.ymobile.jp

これによって、端末があらためて速度制限の状態を確認し、通常速度であるということを認識するようです。もしかしたらソフトリセットでも回復するかもしれませんが、試していないのでわかりません*1

なぜ、このような状態になるのか?

Y!mobileのシステムで通信速度の制御を行うと、その状態を305ZTにメールで通知するようなのですが、このメールシステムでは305ZTが受信に成功しようが失敗しようが関係無しで、送りっぱなしなのだそうです。ですので、通常速度に戻す手続きをして、そのタイミングで305ZTの電波状況の問題か何かでたまたまメールの受信をし損ねると、低速化状態から抜け出せなくなるようです。
これまでも、低速化状態になっているにも関わらず、305ZTの方は通常速度だと思っていることがあって、低速化状態になったメールが届いていないなと思うことがあったのですが、この場合は、通常速度に戻す手続きをすることができるので、あまり気にしていませんでした。
今回は、その逆で、通常速度であるにも関わらず、305ZTが低速化状態だと思っていて、かつ、305ZTが自分で低速化状態の通信をしてしまうためにシステムリセットする羽目になりました。
これで、また同じことがあってもシステムリセットで解決することが分かりましたが、この問題が発生するたびにSSIDとパスワードの設定をするのは、ちょっと億劫に感じます。ただでさえ、通常速度に戻す手続きは、それなりの手間なので、Y!mobileとの契約をいつまで続けるかも考えてしまいます^^;

*1:試された方がいらっしゃいましたら、コメントで教えてくださるとありがたいです。