読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道の駅 湖畔の里 福富で、広大生運営のエンターテイメントを楽しんで来ました!

広島大学の学生さんが運営する「はてなワールド」というイベントが面白そうだったので、道の駅 湖畔の里 福富(東広島市福富町)に遊びに行ってきました。

passmarket.yahoo.co.jp

生憎の天候にも関わらず、人だかりができていました。

 風船の扉から部屋に入ります。

部屋の中は薄暗くなっていて、ところどころに置いてある小さなLEDライトやディスプレイの光で周りの様子が分かる感じでした。こういう演出をすると、異世界の雰囲気が出るなぁ、と感心。

入り口を入ると、すぐに目に飛び込んできたのが3Dプリンター!ネームプレートを作っているところでした。横に2台あるパソコンを使って、出力するデータを実際に作ることができるようになっていました。この3Dプリンターは、5万円ほどだそうです。随分と安くなりました。

部屋の前方にはステージがあり、そこではAIR SHODOUをやっていました。手を空中にかざすと、その動きに従って線を描けるのです。これがなかなか難しくて、ぐちゃぐちゃになるか、思うように描けず手間取っているうちにタイムアップになるかのどちらかになる人(というか子供たち)が多かったです。

他にも、LEGOのロボットがルービックキューブを自動で解くのを見たり、VRのゴーグルで兎を捕まえてみたり(と文字で表現するのが難しいですね^^;)と、様々な遊びが用意されていました。

遊びは全部で9種類あって、それぞれのスタンプを押せるようになっていました。さらに、「おにみっけ」というQRコードが会場に6箇所隠れていて、それらを全て見つけるとクロスワードパズルの答えが推理でき、最後のスタンプがゲットできるシステムになっていました。

で、苦労して手に入れた景品が、ドン!!スロットマシンを回し、ハズレの「3とう」で、蛍光ペンと参加賞のバッチをいただきました。

イベント全部を楽しみ、頭を働かせることでようやく景品に辿り付けるという、なかなか凝ったゲームでした。これだけの仕組みづくりも大変ですし、スタッフの大学生もかなりの人数でした。大学の学園祭を感じさせる雰囲気がありましたが、とても本格的なエンターテイメントで、いつの間にかイベントの終了時間になってしまいました。

このイベントは、本日(9.19)と明々後日(9.22)の2日のみです。この機会を逃すとなかなか体験することのできない面白い遊びばかりなので、広島県東部周辺地域の方々は遊びに行ってみると良いですよ~(^^)/

と、最後はステマ風に。