読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴミ箱を空にして削除してしまったファイルの救出

今回の患者さんは、FMV-BIBLO NB50Kさんです。

完全削除されたファイルの救出が目的なのですが、Windowsを起動してしまうと、どんどんと新たなデータが書き込まれるので、できるだけ そろ~っ と、取り扱います^^

そこで、分解してHDDを取り出そうとしたのですが、このNB50Kさん、最近のPCとは違って、ある程度分解しないとHDDが取り出せないタイプなので、分解するのは最終手段とし、別の方法でいくことにしました。

次にやろうとしたのが、CD-ROMブート。こういう時に大活躍するのが、ULTIMATE BOOT CD(通称:UBCD)で、いつものごとくCD-ROMをセットして起動すると…UBCDが立ち上が…Windows XPが立ち上がる、あれ??

どうも、CD-ROMドライブが故障していて、動かないようです^^;
USBブートもできないので、最後に残ったのがフロッピーブート。

ですが、フロッピーでは、メンテナンス用のソフトウェアを詰め込むことができないので、メンテナンス用のUSBメモリーを用意して、そちらを使うことにしました。

ここで利用したのがPlop Boot Manager(通称:PLoP)。USBブートできないPCをフロッピーブートからUSBブートさせるためのブートローダーです。



最終的に

  1. PLoPをフロッピーに焼きこむ
  2. USBメモリーに用意したメンテナンスツールで、HDDをまるごとコピーする
  3. ファイル復元ツールで、削除されたファイルを救出

という手順になりました。