読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥取県のインターネット環境 概況

移住定住促進の取り組みは日本各地で行われていますが、鳥取県は、その中でも気合いの入り方が違うように感じます。
ただ、「さぁ、移住しよう」と考えた時に、今の時代、電気・ガス・水道に加えて、インターネットも大切なインフラですが、どこもかしこもインターネット環境が整っているとは思えません。
というわけで、鳥取県のインターネット環境をちょっと調査してみました。

調べないでも分かっていたことかもしれませんが、鳥取市と米子市なら、だいたい大丈夫という状況のようです。

実際に移住しようと考える場合には、もっとしっかり確認するべきでしょうけど、そこまで確認するのは大変なので、今回は、NTTのフレッツ光とWiMAXWILLCOMのPHSのカバーエリアを調べました。
では、1つずつ見ていきましょう。

NTTフレッツ光

大きく3つのブロックに分かれていました。東の方から、鳥取市周辺、県の中央部、米子市周辺がカバーされています。

WiMAX

無線通信は、どうだろうか?ということで、WiMAXです。

こちらは、大きなブロックとしてカバーされているわけではないので、しっかりとエリアを確認する必要がありそうですが、鳥取市と米子市のある程度の範囲がカバーされていました。

WILLCOM

携帯電話(docomo, au, SoftBank)であれば、山間部を除くかなりのエリアがカバーされているようですが、PHSとなるとそうもいかないように思います。というわけで、WILLCOMのカバーエリアを見てみました。

こちらは、沿岸部を中心に細くカバーされているようです。鳥取市に対して、米子市の方がしっかりカバーされているのが不思議です。

鳥取市と米子市であれば、だいたい大丈夫

インターネットサービスを提供している会社は、他にもありますし、特に民間がやらない山間部の地区に関しては、自治体が独自に引いているケースもあるような気もするのですが、ざっくりと調べてみると鳥取市と米子市であれば、だいたい大丈夫という状況のようです。