読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかのインターネット回線って、遅くても激速っ!?

久井町*1ギークハウスを立ち上げようと、いろいろ動いて準備しているところなのですが、ギークとして気になるのがインターネット回線の使い勝手です。先日、東京の人とインターネット回線の話をしていて、思ってもいなかったことに気がつきました。

実は、東京のインターネット回線って、速いけど遅い

ようです。

「速いけど遅いって、なんやねん!」と言われそうですが^^; 大都市は最先端の技術が導入されるので理論値での回線速度は速いのですが、人口密度が非常に高い為十分な速度が得られない場合があるようです。

ギークハウスを何件も管理されている @tokisaba さんが、ギークハウス岩手三陸大船渡を立ち上げた時の記事によると

そこにギークハウスを作るということで、とりあえず気になったのが2点。 ・高速回線はあるのか? ・家はあるのか? 前者は問題なし。光が来ていて開通後に図ったところほぼ限界レベルのスピードが出ている。ついでに、ぷららの格安SIMを使っているので図ってみたら最高で3Mbpsのところ3Mbpsのスピードが100%でるという驚愕の結果がでた。新宿ではかると調子のいい時で1Mbps程度。ネット使う人が少ないところってすごい。

ギークハウス岩手三陸大船渡をつくった話 - tokisabaのブログ

 ということで、こちらはLTE回線での話ですが、固定回線でも同様の現象があるようです。実際、世田谷在住の方が「22時から23時ぐらいは、遅すぎて使えない」と言うのを聞いて、あらためて東京の回線速度の遅さを認識しました。

そこで、簡単な計算をしてみました。久井町と世田谷区は、どちらも大体60万平方キロの広さなのですが、久井町の人口が5,000人ほどで世田谷区の人口が100万人ほど。人口にして200倍違います。ということは、バックボーン回線で世田谷区は久井町の200倍の帯域が確保されていて、ようやく同等の速度が得られるという計算になります。実際には高齢化率や他の指標を使ってアクティブユーザー数で計算すると、500倍の帯域が必要という結果になるかもしれません。

逆に言えば、久井町のようないなかは、インターネット回線に関しては大都市よりも恵まれていて、安定して高速な回線が利用できると言えそうです。

 

ざっくりした概算的な計算で論理を展開していますが、詳しいデータや補完的な情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらコメントなどいただけるとありがたいです。