読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギークハウス広島で畑いじり

ギー広農園(仮称)で畑に苗を植えたり種をまいたりしました。当日は10人で作業を行ったので、一人でやったら数日かかるであろう作業ですが、みるみるうちに仕上がってしまい、これだけの作業を半日で終えてしまいました(^^)

仕事が早いのが良いですし、知恵を出し合うのも楽しいです。今回は種まき・苗植えが主な作業だったのですが、イノシシよけの柵作りも結構な人数でやりました。イノシシがやってくるのは作物が育ってからですが、人が集まったこの機会に一気にやってしまいました。

作業前の畑

事前に畑の準備はしていて、畝(うね)が並んでいる状態から始めました。この畝(うね)は大きな家庭菜園*1をされている方がやってくれただけあって、きれいな畝が並んでいました。

作業の様子

ワタの種を準備しています。ワタの中に小さな種が入っているので取り出すのが一苦労。

こちらはひまわりを苗植えしている様子です。家の前に畑、田んぼがあり、その先に幹線道路があるのですが、道路から見て畑の見栄えがするように家の石垣に近いところには一列にひまわりを植えることにしました。

畑の奥はコスモス地帯になる予定です。写真には写っていないですが、この付近に休憩スペースを確保してあります。椅子と机を用意して、花を愛でながらゆったりとしたいなかの景色が楽しめる場所になる予定です(^^)

柵作り

イノシシの侵入を防止するのにトタンで柵を作るのですが、それを固定するのに竹を利用しました。こちらが用意した孟宗竹です。

この孟宗竹は、それなりの太さがあるので、縦に4分割して使いました。

先を尖らせて杭のようにしています。

作業後完了!

作業をしていると時間が過ぎるのもあっという間で、気がつくとお昼を回っていました^^; これでひとまず作業完了です!

実は、人間が入るのに別のところに入り口を作ったのですが、そちらの写真は撮り忘れたので、機会があればまたご紹介するかもしれません。

今回の作業ではこんな感じになりました。赤字の作物(トウモロコシやサツマイモなど)は、今後植える予定です。

昼食

一働きしたら昼食です。地域のお母さんが用意してくれた筍ご飯のおにぎりを美味しくいただきました。

またしてもギークハウス広島はギーク感が無いとか言われそうですが、「ギーク×いなか」をテーマにいなかの豊かな生活を楽しめる場所を目指しているので、これで良いんです!!土のある生活をしたいギークな方々は、ぜひ遊びに来てください~

*1:このあたりは土地が広く、家庭菜園と言っても家族で消費するだけでなく「商売できるでしょ!」というぐらいやっているので、家庭菜園という表現では実態を表していないと思い、このようにしました^^